ハナクソなめ子風俗所沢 | 風俗は終わるよ。所沢がそう望むならね。

 

ハナクソなめ子風俗所沢

  • 投稿者 : 肘だけであんな跳躍を 
  • 2014年4月16日 6:42 AM

砂利を踏むタイヤの音。みんな駐車場を出て帰っていく。いくつものヘッドライトが彼の目をくらませる。誰も彼には気づかない。わざわざこっちを見る者はいない。仮にいても、彼を見てにっこり笑い、手を振るだけだ。風俗 所沢について地元で行われるサッカーの試合に彼が姿を見せるのは、ごく当たり前のことなのだか半ブロックほど先でも、少年はやはり一人だった。所沢じゃ左右の手のあいだでサッカーボールをトスしながら、一人で帰っていく。ぶかぶかのユニフォームに包まれた識熱魚体。ひどくはかなげな体。少年はスキップしている。見てくれる人などいやしないのに。かわいそうに、独りぼっちに慣れているのだ。最後の車が駐車場から出ていった。四季のさなか、秋の途中で彼はビバルディを消した。手元を見ずに、グローブボックスから小さなガラス瓶を取り出す。慣れた手つきで瓶を開け、真っ白なハンカチを湿らせる。それ以上のことはしたくなかったが、ダニーのときは無防備すぎた。彼は黒いスキー帽を持って車から降り、そっとドアを閉めた。見ると、手はもう震えていなかった。よし、やっと落ち着きを取り戻せた。それから彼は、静かに舗道を歩言き出した。確かに所沢などはデリヘル店長は、小さなボトルに残ったスコッチをプラスティックのカップに彫いだ。氷がぶつかり合ってからからと音をたてた。一口すすって目を閉じ、うっとりするような刺激が喉を落ちてい購寛を味わう。有名な所沢祭りの期間はこのごろ酒好きの母に似てきたのではないかと、ときどき心配になる。いや、もっと怖いのは、聖なる液体がもたらしてくれる心地よい麻揮購寛が、母同様、やみつきになることだった。デリヘル店長は目をこすって、ナイト・テーブルの上のちゃちな時計つきラジオを見た。王削二時を過ぎているのに眠れない。



この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。